NFTマーケットプレイスのオープンシー、足元で取引高は減少傾向

仮想通貨


NFTマーケットプレイスのオープンシー、足元で取引高は減少傾向

2021-09-11 14:02:05
NFTマーケットプレイスのオープンシー、足元で取引高は減少傾向

主要な非代替性トークン(NFT)マーケットプレイスであるオープンシーは、8月中に取引高が40億ドルにまで急成長したが、足元では取引高で反動が起こっている。
DappRadarのデータによると、過去7日間でオープンシーの取引高は50%減少して7億9223万ドルとなった。トレーダーの数も前週比で10%少なくなり、15万6811人となった。 
オープンシーの取引高は短期的な調整に直面しているが、取引高で大きなシェアを占めるのはアキシーインフィニティとクリプトパンクスだ。それぞれ1億5824万ドルと4592万ドルとなっている。
あまり状況を弱気な方向にだけ歪めないようにしよう。過去7日間ではなく、過去30日間でみれば、オープンシーの取引高は336.94%の増加となる。
今週オープンシーでは、イーサリアムネームサービス(ENS)の送信にまつわるバグで、計10万ドル相当のNFT資産が誤って削除された。この事故は迅速に解決され、資金が返還される形となった。

#ブロックチェーン #テクノロジー #NFT

長文の場合は切り捨ててております。元ソースよりご確認ください。

元ソース

続き・詳細はこちら NFTマーケットプレイスのオープンシー、足元で取引高は減少傾向

タイトルとURLをコピーしました