戻り順調に見えたBTC 需給に改善見られず【仮想通貨相場】

NEWS
仮想通貨


戻り順調に見えたBTC 需給に改善見られず【仮想通貨相場】

2022-06-22 17:00:00
戻り順調に見えたBTC 需給に改善見られず【仮想通貨相場】

著者 長谷川友哉(はせがわゆうや)ビットバンク マーケットアナリスト
英大学院修了後、金融機関出身者からなるベンチャーでFinTech業界と仮想通貨市場のアナリストとして従事。2019年よりビットバンク株式会社にてマーケットアナリスト。国内主要金融メディアへのコメント提供、海外メディアへの寄稿実績多数。

21日のビットコイン(BTC)対円相場は48,704円(1.75%)高の2,824,878円と反発。ドル建てのBTC相場の上昇率は0.7%と横ばいだったが、昨日は外国為替市場でドル円相場が24年ぶりに136円台後半に上昇したことで、BTC対円は上昇した格好だ。
週末の18,000ドル(≒243万円)割れから売り一巡の様相で反発したBTC相場だったが、週明けには21,000ドル水準となる284万円周辺で上値を抑えられ失速。しかし、顧客資産引き出し停止で渦中のCelsiusのCELトークンに、ショートスクイーズ誘発を故意に狙った買いが入りCEL相場が急上昇すると、BTCも連れ高隣284万円の突破に成功。また、昨日は米株先物の反発と円の下落も追い風となり、相場は296万円近辺まで上昇した。
ところが、米時間に入るとBTC相場は反落。CEL相場の急反落や、リッチモンド地区連銀のバーキン総裁が、7月の利上げ幅は50〜75bpが妥当と先の米連邦公開市場委員会(FOMC)でのパウエル議長のスタンスを支持したことも相場の重石となった。

第1図:BTC対円チャート 1分足 出所:bitbank.ccより作成

長文の場合は切り捨ててております。元ソースよりご確認ください。

元ソース

続き・詳細はこちら↓
戻り順調に見えたBTC 需給に改善見られず【仮想通貨相場】

タイトルとURLをコピーしました