「悪い」仮想通貨プロジェクトは救済されるべきではない=バイナンスCEO

NEWS
仮想通貨


「悪い」仮想通貨プロジェクトは救済されるべきではない=バイナンスCEO

2022-06-24 17:11:43
「悪い」仮想通貨プロジェクトは救済されるべきではない=バイナンスCEO

バイナンスの創業者兼CEOであるジャオ・チャンポン氏(通称CZ)は、「悪い」仮想通貨プロジェクトは破綻させるべきで、資金を持つ健全な仮想通貨企業から救済を受けるべきではないと主張している。
CZは6月23日付のブログで、運営や管理が不十分な企業、あるいは設計が不十分なプロダクトをリリースした企業は救済されるべきではなく、むしろ崩壊するままにsておくべきだと述べている。
「要するに、それらは『悪い』プロジェクトに過ぎない。これらは保存されるべきではない。悲しいことに、これらの『悪い』プロジェクトの中には、多くのユーザーを抱えているものがある。これらのユーザーは、しばしば膨れ上がったインセンティブ、『創造的なマーケティング』、あるいは純粋なポンジスキームによって獲得されたものだ」
「さらにどんな業界でも、成功したプロジェクトより失敗したプロジェクトの方が多いものだ。願わくば、失敗が小さく、成功が大きいといいのだが。しかし、あなたもこの考えは理解できるだろう。ここでの救済は意味がない」と付け加えた。
このコメントは、仮想通貨億万長者のサム・バンクマン-フリード氏と彼の会社アラメダ・リサーチが、ボイジャーデジタルのように最近流動性に問題がある企業やプロジェクトを3億5000万USDコイン(USDC)と1万5250BTCのリボルビングローンで

長文の場合は切り捨ててております。元ソースよりご確認ください。

元ソース

続き・詳細はこちら↓
「悪い」仮想通貨プロジェクトは救済されるべきではない=バイナンスCEO

タイトルとURLをコピーしました