【仮想通貨】Solana(SOL)とは?特徴・今後の需要と期待

Solana(SOL)は、グローバルな採用に必要なオープンインフラストラクチャを提供する、高速で安全な検閲に強いブロックチェーンです。

独自のコンセンサスメカニズムであるProof of Historyを採用しています。

Solanaは世界で最もパフォーマンスの高いブロックチェーンです。


特徴

ポイント
  • 高いスケーリング性能
  • トランザクション処理能力が高い
  • トランザクション手数料が安い

Anatoly Yakovenko氏が2017年に提唱した独自のコンセンサスアルゴリズムであるProof of Historyという信頼なきノード同士で時間を同期する手法の採用してます。

Proof of History(PoH)を採用することで、セカンドレイヤーに頼ることなく高いスケーリング性能を実現することができています。


そして、最も大きい特徴が、速いということです。

1秒あたり50,000トランザクションを処理することができます。

他の通貨を見てみると以下のようになっています。

引用:XRPと他のデジタルアセットの比較 https://ripple.com/xrp/xrp-stacks-digital-assets/


上記をみても 50,000トランザクション がいかに速いかわかるかと思います。

MATICやfantomも使ってましたが、solanaのほうが安定して速いです。


そして、送金手数料もかなり安いです。

0.000005 SOLぐらいなので1円かかりません。

ユーザが増えてもアプリケーションの料金を低く抑えるように設計されています・

あとは一般的な開発言語のCやC++、Rustをはじめとして多くのプログラミング言語に対応しています。


発行枚数について

SOLの新規発行に伴うインフレ率は、1年目の8%を基準に毎年15%下落する仕組みです。

ステーキング報酬として使用することやネットワークへのコストを高めることを目的に、最終的には1.5%に固定されることになっています。


solanaの今後の需要と期待


トランザクションが高速で手数料が安いというのは使っている人からみればかなり魅力的です。この特徴でも十分需要の可能性はありますが、使い手がいないとどうにもなりません。

可能性としてはアプリケーションの開発が進んで利用者が増える、Solanaの使用したサービスが展開されることが考えられます。


アプリケーション開発については2021年から Solana のハッカソンを開催していたのでDEXやDappsなどアプリケーションが増えている印象です。同年の夏にはsolana summerといったイベントもあってアプリケーション開発が促進されている状況です。

また、開発者目線でいうと特定言語に依存しない開発ができるので開発者の確保が比較的容易なため、開発スピードが他のブロックチェーンより早くなると予想しています。

アプリケーションが増えれば増えるほど、それの手数料として使われるSolanaの需要は十分見込めると思っています。

価格面の話でいえば、一部の投資家はイーサリアムに追いつく予想も立てているほどです。

個人的には、 50000トランザクションもあるので solana を使用した即時決済サービスができれば、全世界で使えるんじゃないかと思っています。

全世界スマホで電子マネーのように即時決済が仮想通貨でできるとか今のところsolanaぐらいのトランザクションがないできそうもないです。

まとめ
  • トランザクションが高速で手数料のため使い勝手よい→サービスや利用が増える可能性大
  • 様々なアプリケーションの開発が進んで利用者が増える
  • イーサリアムに追いつく


Solana (ソラナ) の取引方法

ソラナを取引するには取引所の登録が必要です。

取引所として世界最大手の バイナンスがおすすめです。


Coincheckなどの国内取引所では取引できません。


コインチェック

公式情報

公式ページ:https://solana.com/


タイトルとURLをコピーしました