日本円ステーブルコインJPYC、Astar Networkに対応

NEWS
仮想通貨



2022-04-18 16:14:40

新たにアスターに対応

前払式支払手段の日本円連動ステーブルコイン「JPYC」を発行するJPYC株式会社は18日、アスターネットワーク(ASTR)に対応したことを発表した。これよりJPYCユーザーは簡単にアスターエコシステムに参加できる。

\JPYCがAstar Networkに対応🥳/

ファンのみなさま!大変、お待たせしました!
JPYCがAstar Networkに対応しました!

今回もASTRプレゼントキャンペーンを行っております!

みなさま!AstarとJPYCでどんどん日本を盛り上げていきましょう😍🎊https://t.co/ygFKRwtkLj

— JPYC株式会社 (@jcam_official) 2022年4月18日

JPYCはこれまでに以下のネットワークに対応しており、今回の発表で新たにアスターネットワークが追加された格好だ。

イーサリアム(ETH)
ポリゴン(MATIC)
紫電(SDN)
グノーシス(GNO)
アバランチ(AVAX)

同社はネットワーク拡大の背景として、「より決済手段としての利便性を高めるためには対応ネットワークの拡張が必要不可欠」と説明したうえで、以下のようにコメントしている。

JPYCをAstar Network上のエコシステムで発行・流通を実現させることにより、更なる決済手段としての価値の向上に寄与するとともに、対応ネットワークの拡張による利便性も高めてまいります。

また、今回のネットワーク対応に伴って、「ASTRトークンプレゼントキャンペーン」を本日4月18日より実施。JPYC販売所にて「JPYC on Astar Network」を購入した人を対象に、先着10,000名でそれぞれに1ASTRを無償配布する予定となっている。

関連:
日本を「Web3.0開国」へ DeFi協会とBCCCがステーブルコインで提言

躍進するアスター

今回対応するネットワークとして選ばれたアスターは、「dAppsハブ」を目指す

長文は切り捨ててております。元ソースよりご確認ください。


元ソース

続き・詳細はこちら 日本円ステーブルコインJPYC、Astar Networkに対応

日本円ステーブルコインJPYC、Astar Networkに対応

タイトルとURLをコピーしました