史上最悪のハッキングからP2Eゲーム業界をどう立て直す?【コラム】

NEWS
仮想通貨


元ソース<史上最悪のハッキングからP2Eゲーム業界をどう立て直す?【コラム】

2022-04-20 06:30:00
史上最悪のハッキングからP2Eゲーム業界をどう立て直す?【コラム】

封建時代の日本において、浪人という言葉は、主人を持たない侍のことを意味した。主人の死、あるいはその身分を失ったためにひとりになった浪人は、さまよえる戦士であり、忠義という制約から自由になって好きに放浪していた。

浪人というは言葉は日本文化圏において、悲劇や挫折といった感覚を呼び起こすもので、社会の辺境にいる屈辱的な存在だ。現在ではこの言葉は、大学の入試試験に失敗し、翌年の試験に備える若者のことを意味する。

これが、ブロックチェーンRoninの名前の由来だ。ベトナムのゲーム開発会社スカイ・メイビス(Sky Mavis)が開発、保有するRoninは、イーサリアムと並行して存在するネットワーク、サイドチェーン。スカイ・メイビスの最初のゲームで、プレイトゥアーン(P2E)ゲームの先駆者となった「アクシー・インフィニティ」が直面したスケーリングにおける課題を乗り越えるために作られたものだ。

アクシーが基盤としていた最初のイーサリアムスケーリングアプリケーション、ルーム(Loom)ネットワークが、エンタープライズブロックチェーンに専念するためにゲームセクターを切り捨てた後に、スカイ・メイビスの創業者チュン・グエン(Trung…

長文は切り捨ている場合があります。元ソースよりご確認ください。


元ソース

続き・詳細はこちら 史上最悪のハッキングからP2Eゲーム業界をどう立て直す?【コラム】

タイトルとURLをコピーしました